Return to site

大阪デザイナー専門学校の授業へ参加しました

大阪デザイナー専門学校にて、1年生の授業に企業参加。デジタルコンテンツ制作部では「グラホリック」のメンバーにて、学生の制作したデジタルイラストの評価・監修を行います。

· 学校

■参加概要

大阪デザイナー専門学校の1年生向けの選択授業にジョイントメディアのゲーム素材制作グラホリックから, 実際の案件を模したイラストの制作仕様書・指示書を提供。また, 2月末頃に授業で制作したデジタルイラストの評価・監修を行います。当該授業への参加学生はおよそ60名。

■授業参加日程

2017年01月12日 (木)

■提供資料について

グラホリックの契約クリエイターにも提供している練習案件(=実際の制作を模して作成した仕様書・指示書)の一部を提供致しました。キャラクターカードイラストの立ち絵・スチルCGをセットで制作する事が可能です。資料にはポーズ・着彩参考・衣装イメージなど、実際の制作依頼で重要となるポイントを「チェック項目」とし、プロの制作現場で求められるスキルを模擬的に体験して頂けるようにしております。

■授業参加の経緯

今回の授業を担当している藤田先生は, グラホリックの契約クリエイターとしても活躍。また, 過去には講演会や勉強会の共同開催を行っています。さらにジョイントメディアでは昨年12月から学生アルバイトの募集及び採用活動の強化を開始しております。その背景があった上で, 今回は藤田先生からの提案で授業参加が実現しました。

■簡易面談

授業の作業時間を利用し, ゲーム業界やイラスト制作の現場について興味がある学生とは個別面談を行いました。また, 希望者には名刺交換もしており, 後日の連絡も可能としています。また, グラホリックが主催している交流会の案内もしております。

■今後の取組みについて

今回の授業参加に留まらず必要性に応じての授業参加, また講演会・座談会などを開催していきたい。また, グラホリックの契約クリエイターの発掘の為の資料提供・課題提供を進めていく方針。

■ゲーム素材制作グラホリックとは

グラホリックはフリーランスのクリエイター及びパートナー企業と提携し, ゲームデベロッパーを主なクライアントとしたデジタルコンテンツの提供を行っています。イラスト, シナリオ, サウンド, モーションなど制作するコンテンツは多岐にわたります。クリエイター支援をプロジェクトのテーマとして掲げ, クリエイターの教育及びマネジメントにチカラをいれて運営しています。契約クリエイター数はまもなく900名(2017年01月時点)
http://www.grapholi.com/

■大阪デザイナー専門学校

【本記事についてのお問合せはこちら】

株式会社ジョイントメディア デジタルコンテンツ制作部 担当者
加藤 洋平(カトウ ヨウヘイ)
牧原 逸人(マキハラ ハヤト)

〒590-0952 大阪府堺市堺区市之町東3丁 1-10 OSセンタービル6F
TEL:072-282-7878
Mail:info@joint-media.co.jp
URL:http://joint-media.co.jp/

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly